閉じる

玉隠と岩付城築城者の謎 (自耕斎詩軸并序を読み解く)

概要

長年に渡る岩付城築城者論争に一石を投じる問題作! 岩付城は埼玉県岩槻に城址を残す戦国期の城である。元荒川を天然の水堀に利用した堅城であり、諸勢力境目の城として争奪戦の対象となった要所と名高く、戦国期に築城した有力者は誰だったのかは長年の歴史論争の種となっている。
当初は関東の英傑太田道灌にも連なる太田氏が築城者として有力とされた。
しかし、新出史料『自耕斎詩軸并序』(以下『詩軸』)という漢詩文の登場により成田氏説が有力となり、また近年では渋江氏説も提起され、その論争の中、太田氏説は傍流へとなっていく。
本書の著者は、築城者論争の転換点となった『詩軸』とその筆者である禅僧玉隠に着目。
太田氏築城者説を再構築するという観点で、『詩軸』を多角的観点を用いて精読し、断片的に『詩軸』を捉えていた先行研究に対して、本書で一つ一つ反論を試みる。
本書は他にも、様々な関東戦国史との整合性の検証、更に地理学観点からの補強も行い、多くの読者にその是非と今後の歴史論説の在り方を問う挑戦状でもある。

出版社からのコメント

昨今注目を浴びる関東戦国史。
しかし未解明なことも多く、新出史料によって今までの定説が覆ることも多々あります。
若く意欲的な著者による問題提起が新たな関東戦国史の幕開けにつながればと願います。

著者について

1974年、栃木県生まれ。東京大学工学部卒業、同大学院工学系研究科修了。 10年間の在岩槻時代に、関東戦国史に関心を持ち、独自研究に取り組む。 岩付太田氏の事績研究に取り組む個人・団体支援や連携を図る社会教育団体「中世太田領研究会」所属。

登録情報

出版社 まつやま書房  A5版 (2021/1/15)
著者 柴田 昌彦(中世太田領研究会)
発売日 2021/1/15
単行本 325ページ
ISBN-10 4896231449
ISBN-13 978-4896231441
寸法 21 x 14.8 x 15 cm
購入 水野書店さんにて取扱いしています。 ※岩槻水野書店さまから購入していただいた皆様には、中世太田領研究会から「太田資正500年祭記念バッチ」をプレゼントさせていただいております。(期間限定です)

「太田資正500年祭記念バッチ」は、水野書店さまで購入することもできます。
売上金は「500年祭実行委員会」に寄付されますので、よろしくお願いいたします。

水野書店

  • 埼玉県さいたま市岩槻区本町4-2-10
  • 048-756-0112
© 岩付城主 太田資正公 生誕500年祭